ニュースレターを有効に使えば、必ず集客の効果が出ます!マインドアイニュースレターなら、手間要らずの上、簡単にニュースレターを作成できます!

ニュースレターとは
ニュースレター資料請求
ニュースレターで集客!
お客様にニュースレターを送って、お客様との距離を大幅に縮めましょう!マインドアイニュースレターなら、低コストで簡単にニュースレターを発行する事ができます。
>> ニュースレター資料請求はこちら
 


ニュースレターとは
ニュースレターが30分で作れる秘密を説明する前に、ニュースレターとはどのようなものなのか説明しておきたいと思います。 すでに、知っていても確認のためにもう一度読んで下さい。

ニュースレターとは簡単にいえば、一度でも接触のあった方をファンにして、商品を買っていただくためのダイレクトメール(DM)のことで「○○通信」とか「△△情報」などのお客様向け情報誌のことです。
これの大きな役割は、お客様という枠を超えて友達になることです。
どのように友達なるのかは後述するとして、まず、DMについて理解してください。
通常のDMの役割は以下の通りです。

・新規客獲得のため
・見込み客を成約客にするため
・既存客に買っていただくため

出すタイミングも様々です。

・年に一度の誕生日の特典として
・バーゲンセールの案内として
・季節ごとのイベントの案内として

ここであなたに質問です。
あなたは、たまにしか来ないDMを開封しますか?
開封しない方が大半ではないでしょうか?

その理由は

・DM発送先の会社を知らない
・DM発送先の会社を忘れている

のいずれかです。

だから、期間をあけてDMを出すと効果が少ないのです。かといって毎月、売り込みのDMを送ると受取る側は、うっとおしくなって、社名を見ただけでゴミ箱に直行になってしまいます。
これが、DMで注文の取れる割合が0.1%以下といわれるゆえんです。 それに比べてニュースレターはどうでしょうか?過去に一度でも接触のあったお客様に毎月送ります。しかも、DMとは違い売り込み情報を入れずに作るのです。なぜなら、昔と違いお客様の警戒心は想像以上に高くなっているので、簡単には売り込みに応じてくれないのです。だから、まず警戒心を解く必要があるのです。
警戒心を解くことができれば、友達になることができるのです。友達になることができれば、売込みを受け入れてくれるようになるので、売上は確実に上がります。

市場に買い物に出かける主婦のことを考えてみましょう。

初めて行った魚屋でのことです。
主婦:(今日の夕食はどうしようかしら?何がおいしいのかしら?)
魚屋:(この奥さん迷ってるな?でも、初めて来た人だし今日は様子を見てみるか)
主婦:(サンマが美味しそうだし、焼き魚にしようかな?)
「このサンマ3匹ください。」
魚屋:「ありがとうございます。(このサンマは油がのって美味いんだよな)」

2回目の来店
魚屋:「いらっしゃい。奥さん、この前のサンマどうでした」
主婦:「ええ、美味しかったわ。(覚えていてくれたんだ)」
:覚えてくれていたことにより、ちょっと親しみが湧く。
魚屋:「今日は何にします?」
主婦:「何にしようか迷っているのよ」
魚屋:「それなら、このアジがいいよ。今朝、挙がったとこだから新鮮で美味しいよ。もし、美味しくなければ、今度来た時に、ブリ3切れサービスするからさ」
主婦:「う〜ん。じゃ、それいただくわ(本当に美味しいのかしら。でも美味しくなければ次回サービスするって言ってるし)」

3回目の来店
魚屋:「奥さん、アジどうでした?」
主婦:「美味しかったわ。主人も褒めてくれたのよ。」

魚屋のいうことは、信用できると思っています。 こうなれば、この主婦は、リピーターとなり魚が必要な時には店に来るようになるのです。この人数が増えれば、売上は自然と上がるようになるのです。

このような信頼関係を作ることができるのが、ニュースレターです。

ニュースレター資料請求
それではニュースレターを出すとどのような効果があるのでしょうか。

その前にニュースレターが、なぜ、集客に欠かすことの出来ないツールなのか、私の体験に基づき少しだけ説明したいと思います。

私が、まだ集客コンサルタントとして駆け出しの頃は、広告やチラシを使っての集客にてこずっていました。
最初に取組んだのは住宅工務店でした。
そこでのチラシは、5万枚売っても反響は0なんてことも何度かありました。この反響を上げるための広告研究に約1年間かかり、やっと5万枚のチラシを打つと27組の集客ができるようになったのです。

ところが、ニュースレターは最初から計画通り上手くいったのです。 送付先は既存客。出し始めて6ヶ月ほどはなんの反響もなかったのですが、それを過ぎた頃から、「息子さん結婚したんだって、おめでとう」「カゼ直ったの?」など、ニュースレターの内容のことでお客様から声がかかるようになったのです。 そして、この頃から家の点検の案内やちょっとしたリフォームの案内をニュースレターと同封したところ200件しか出していないのにもかかわらず、5件の注文があったと喜びの声をいただきました。 これには、さすがに驚きました。 また、見込み客150件にも出し続けたところ、なんと1年で5件のお客様から新築の注文がきたのです。 その頃から、もしかしたら、ニュースレターは業界問わずで役に立つツール ←ココをクリック ではないかと思ったのです。
そこで、エステ、美容、リフォーム、漢方薬局のお客様にお願いしてニュースレターを出していただくことにしたのです。 すると、どの業界もお客様のリピートが増えたり、1回のお客様の購入額が増えたり、なかったはずの注文が入ったりと効果があったのです。

この時に、ニュースレターは見込み客や既存客に有効だと確信しました。

ニュースレター資料請求
それでは、ニュースレターも効果について、もっと掘り下げて説明しましょう。
ニュースレターを出すと

・固定客が増えます
・見込み客が成約客になります
・お客様から選ばれた会社になります

お客様へのアプローチを何もしなければ、自然にお客様は減っていきます。

その原因は

・あなたのことを忘れてしまう
・ライバルに取られてしまう
・なんとなく飽きてしまう

などが原因です。

だから、接触のあったお客様にニュースレターを出して親しい関係を作るためのアプローチが必要になるのです。
このことを忘れて、費用の高い新規客獲得に必死になってしまうと経費倒れになることも珍しくないのです。
見込み客も同様です。一度でも商品を買っていただいたお客様とは違い、すぐに効果は現れませんが、おざなりにしているとライバルに横取りされてしまいます。ニュースレターで見込み客とあなたの距離を縮めて、信頼関係を築いていくと必要な時期が来れば、あなたに声をかけてくれるようになるのです。

また、ニュースレターを出していれば選ばれる会社になることもできるのです。
お客様のリピート率が上がる。紹介客が増えるなどの現象が起きる会社になれるのです。「スタッフの○○さんが親切で…。」「あの社長なら相談にのってくれるわよ。」などと言ってくれる人は、必ずどこかであなたの事を話し紹介を促してくれます。このような関係が作れるのもニュースレターの特徴です。

しかし、ニュースレターなら何でもよいというわけではありません。 効果を出すためのニュースレターの作り方を説明しましょう。

そのポイントは4つです。
1. 生活上知って得する豆知識を掲載する
料理や収納、ガーデニングや節約など知って得する情報で、しかも、面白い内容でないと読んではくれません。

2. かわいく仕上げる
女性はいくつになってもかわいいものには目がありません。だから、イラストや写真を使ってかわいらしさを演出し、読み続けていただくための工夫が必要です。

3. 商品のミニ情報を入れる
目的は、商品に関心をもってもらうため。人間は本来、知識のないことは一切考えることができません。しかし、少しでも新しいことの知識を持つとそのことについて考えるようになります。だから、商品のミニ情報を伝えていけば、お客様の商品に対する意識が上がるのです。そして、意識が上がればその事を考えるようになる。それが、売上を上げる要因になるのです。
また、ミニ情報では、「商品の基礎知識」を伝えていくのも効果的です。なぜかというと、お客様は、何を買ってよいのかわからない、だから、買わない。自分で判断できないから、アドバイスしてくれる人を探しているのです。そして、アドバイスをくれた人から、商品を買いたいと思っている。だから、ニュースレターで、お客様にアドバイスをして下さい。 そうすれば、お客様は、必ずあなたから買うようになります。

4.社長の挨拶文や社員の紹介を入れる
ニュースレターの中で、お客様と会ってお話をしたかのような、「疑似体験」をしていただくためです。だから、すごく重要です。 「挨拶文だけでお客様と仲良くなれるのか」という疑問もあるでしょうが、なれるのです。 成功者の本を読んだとしたら、興味が引かれるのは苦労話で、成功後にはあまり興味が引かれないでしょう。 これと同じです。 要は、人間味あふれる文章を書くのです。 人に言えない失敗談などを書き、自分自身を明かしていけばいいのです。 あなたが、自分のことをオープンにしていけば、お客様も警戒心を解き、あなたのことを信用して商品を買うようになるのです。

なるほど、ニュースレターを出せばよいことは解ったが、毎月出すことができるだろうか?

このような不安を持っておられるのではないでしょうか。ましてや、1、2回だせばすぐに効果の出るものではありません。継続して初めて効果のでるものなのです。そして、続けていくうちに徐々にファンが増えてくる実感が湧いてくるでしょう。

うまくいかない人は、長く続けることができないのです。 途中で投げ出さずに、長く続けると、お客様の中に、あなたの存在がしっかりと記憶されます。 そして、購入時期になると、必ずあなたに声がかかるようになるのです。

だから、どうすればニュースレターを長く発行し続けることが出来るのかを考えるべきです。

普通の会社は、効果があることが分っても踏み切れないのです。
その理由は「作る時間がない、作れたとしても長く続けられないのではないか」という不安があるからです。
しかし、この壁を乗り越えられない限り、うまくいかないのです。

それでは、どうすればニュースレターを継続して出せるのか?

答えは簡単です。
自分で作らなければいいのです。
自分で作ろうとすると、内容についてものすごく悩むことになります。
そうすれば、本業よりもニュースレターのことが気になって、仕事どころではなくなるからです。
だから、外注に頼めばよいのです。
これが一番、合理的です。

現に、私と共にニュースレターに取組んだお客様も自社でニュースレターを作ることができなかったのです。「商品のミニ情報」と「社長のコメント・スタッフの紹介」は30分程度で時間もかけずに作れるけれど、生活ネタである雑学が作れなかったのです。だから、毎月10万円の制作費を支払っていました。

この様子からしてフッと思ったことがあったのです。「ニュースレターを出したいけれど、どのように作ったらいいのか解からない」あるいは、「ずっと出し続けることができるだろうか」または「毎月10万円も出してまで」などの不安があるために発行できない会社が多いのではないだろうかということです。

このような方のために、あらかじめ生活ネタを取り入れた雛型を作れば、月々わずかな金額で、誰でも簡単にニュースレターが発行できる。 ←ココをクリック 発行できれば、お客様は今まで以上に売上を上げることができると考えたのです。

この考えは間違っていませんでした。
なぜなら、弊社に毎月50件以上のニュースレター資料請求があり、毎月10件近くの会社が雛型を申し込まれるからです。 ←ココをクリック

そして、出し続けることによって結果を出しておられます。

あなたも売上を上げたい、もっとお客様と親しくなりたいと思うのであれば、今すぐニュースレターの発行をお勧めします。

しかし、始める前に使い方や書く内容など、もう少し詳しく知っておいた方がよいでしょう。
だから、まずは資料を請求してください。
請求は簡単です。
下記、ボタンをクリックし、必要事項を記入して送信するだけです。
今スグお申し込み!!

ニュースレター資料請求